このホームページは単なる情報提供するためのものではありません。太陽光発電システムの設置に前向きな方のお役に立てるページです。あなたの電気代の削減と環境貢献のための太陽光発電システム導入の判断基準としてください。

メールセミナー

無料 今すぐ登録!太陽光発電とは?

太陽光発電について5回シリーズで
メールをお届けします。

お名前:
Email:

動画 太陽光のナゼエコロジーな屋根

動画 太陽光のナゼエコロジーな屋根

エコノミーな屋根

エコノミーな屋根

イベントのご案内

イベントのご案内

今までの見学会

|

これからの見学会

トップ > 私からのメッセージ

私からのメッセージ

私かがらの提案あります。太陽光発電システムはいかがですか?

温暖化で地球の環境が破壊されるのは困る。しかし、自分の財布の中身も大切だとお考えの全ての方へ。

電気の買い取り価格が2倍に

環境問題に個人として取り組めるのが『太陽光発電システム』

今のご時世に、費用をかけて導入する必要性があるのか?

電気代の支出総額と太陽光発電システム導入の費用を比べると・・・

支出が減る二つの理由

電気代を減らす方法って…他にありますか?

私の使命

設置費用や太陽光発電システム導入メリットを知るには

電気の買い取り価格が2倍に

ここ最近、毎日のように、地球環境保護のニュースが流れています。「今のまま温暖化が進み続けると、地球の環境が大きく変わって、大変な事になってしまう!」と。 また、2007年発行の京都議定書で約束したCO2の8%削減は現状では、ほぼ不可能とさえ言われています。(減るどころか、なんと6%増えたそうです)アメリカのオバマ新大統領もグリーンニューデ−ル政策を立ち上げ、国としての環境保全と雇用確保の両面に取り組み始めた所です。 私達の国・日本では、2005年で補助政策を打ち切っていました。しかし、太陽光発電において、ドイツ・スペインに世界NO.1の座を奪われた事と、昨年おこなわれた洞爺湖サミットの提言書、また100年に一度と言われている不況対策の為に、重い腰をやっと上げ、本格的に太陽光発電の普及の為に動き出しました。

その第一弾が補助制度の復活です。2008年度に90億円の補正予算が組まれまして、導入した方は1Kwあたり7万円の補助金を貰う事が出来るようになりました。(平均的な3.5Kwで24.5万円です。)また、2010年度までには、電力会社が太陽光発電で発電した電気の買い取り価格を2倍にするという動きも出ています。

それから家計に直接影響を及ぼす電気代・ガス代・灯油代・ガソリン代などの光熱費の値上がりも気になる所です。昨年の異常な価格の上昇は一息ついていますが、これからも値上げがジワジワと進んでゆく事は、おそらく間違いないのではないでしょうか? 実際の光熱費のデータを総理府、家計支出統計調査から確認してみますと、平成に入ってから10年間は毎年約3%の上昇でした。その後の平成10年から平成19年までの10年間は、景気低迷の為か、ほぼ横ばいになっていましたが、ここ2、3年間は徐々に上昇に転じています。  これからの事を考えますと、光熱費については平成10年までの上昇率と同じ様に3%位ずつ増えて行くと考えたほうが、正確だと思います。

主婦が減らしたい家計支出として、毎年上位に来ているのが光熱費です。しかし節約するどころか、これからは確実に上昇していくと思います。 これは、もちろん原油の値上がりもありますが、大型の液晶テレビ、HDDレコーダー、エアコン、IHクッキングヒーター、蓄熱暖房機…私たちが便利な家電製品を使っての生活に慣れ親しんだ結果とも思えます。

しかし、今の様な快適で便利な生活から、以前の生活に戻ることは、今の私たちには、まず無理でしょう(少なくても、私は無理です(笑))。 家族でろうそくの火を頼りに、乾電池のラジオを聴きながら、練炭のこたつにあたっている風景は想像したくないですね。 ちなみに、今のペースで、光熱費が増え続けた場合、どれだけの金額になるのかを、考えてみます。いま、仮に貴方様のお宅で月平均20,000円の光熱費を使っているとします。1年間の合計は12倍なので、24万円になります。単純に計算しますと、10年で240万円、20年で480万円、30年で720万円になります。 しかし現実的には、先に申し上げましたが、年上昇率が3%になりますので、10年で275万円、20年で645万円、30年ですと、なんと 1,142万円(422万円の増)にもなってしまいます。

現在2万円/月の光熱費の累計額

これらの大金がこれから先、毎月分割で貴方様の口座から自動的に引き落とされ続けていきます。(ただ快適な生活のために支払うだけ。もちろん何も残りません。)

しかも、その電力の90%は、問題の多い原子力発電所や火力発電所で作られています。2007年の7月に起きた新潟県中越沖地震で、柏崎刈羽原子力発電所に火災が起き、操業停止状態になりました。数年前には東京電力のトラブル隠しで、17基の原子力発電所が停止した時期もありました。 このような事故や事件があって初めて、私たちの便利な生活の裏側では、これらの危険と隣合わせになっていることに、はじめて気が付きます。

環境問題に個人として取り組めるのが『太陽光発電システム』

環境問題でもCO2(二酸化炭素)の排出が増え続け、将来の社会生活に大きな悪影響をもたらすのは皆さん御承知の事です。地球温暖化による海水面の上昇や干ばつ、それに伴う穀物の減少、自然災害など私たちの次の世代にとっては、心配は尽きません。   21世紀になったのに、こんな問題の多い暮らし方でよいのでしょうか?  私たちはこの先、どう生活を守り、地球環境と共生して行けばよいのでしょうか?

これらの問題に個人として取り組めるのが『太陽光発電システム』です。

まずは、説明させてください。  地球上に降り注ぐ太陽エネルギーはたった1時間で全世界の消費電力1年分の量に相当すると言われています。このクリーンで無限の自然エネルギーを有効に使う事が出来、化石燃料の消費やCO2を排出せず、地球温暖化を防止し、ご自宅の消費電力を作り出すのが『太陽光発電システム』(耐用年数約30年)です。1954年アメリカのベル研究所で発明されたのが最初です。  日本では、その次の年の1955年に、日本電気が試作品を作っています。その後国による取り組みとしまして、サンシャイン計画がスタートしました。このプロジェクトは、太陽光発電の研究開発を進める為に1974年から25年間の予定でスタートされました。その後国の機関であるNEDOと民間企業との優れた技術開発により、太陽光発電の効率が上がり、価格は大きく下がって行きました。1990年には一般家庭用が(600万円!)まで下がりましたが、まだ一般的なモノにはなっていませんでした。システムの価格が高かった事と、あまった電気 あまった電気は蓄電器に貯める以外に使いようがなかったからです。 しかし、その後1992年に電気事業法関連法令の一部が改正され、太陽光発電のあまった電気を電力会社の送電線に連系(接続)し、買い上げてもらえる様になりました。また、1994年から国による設置者に対しての補助金事業が開始された事により、瞬く間に、日本が世界一の太陽光発電先進国になっていったのでした。

太陽光発電を設置したお宅では、発電した電気は優先的に自己消費にまわります。また使いきれず余った電気は系統連係により電力会社に売ることができます。そのため、毎月電力会社から指定の口座に売電分として入金されます。これまでは買い上げ電気代は使用電気代と一緒でしたが、遅くても2010年度までには売電価格が2倍になる発表がありました。 また、基本的にシステムはメンテナンスいらず。しかも、操作の必要もない全自動運転システムです。貴方様が外出されて留守の時でも発電し続けています。

今のご時世に、費用をかけて導入する必要性があるのか?

そこで、気になる価格をご紹介しますと…  ・標準的な太陽電池を16枚使う2.93Kwシステムの価格例は… 「おっ、200万円よりは、かなり安くなったんだな〜・・・」と思われたでしょう(笑)。しかし、いくら「いいな〜」と思われても、導入する為の現実的な金額、と言うものがありますね。

今のご時世に、それだけの費用をかける必要性があるのか?

と、言う心配です。 そこで、質問です。 貴方様は『現在』と『将来』どちらの生活に不安がありますか?おそらく、将来のほうが心配ではないでしょうか。  日本の財政逼迫の為に、定年退職後にもらえる年金の受給年齢が段階的に引き上げられていますし、健康保険料の自己負担額も上昇傾向にあります。しかも、数年後には、消費税を上げる(8〜10%?)と言った議論も盛んにされています。 そうなりますと、仮に現在、銀行口座に200万円あったとしても、将来的には、200万円の価値が無くなる事と、一緒なのです。 と言うことは・・・  今後も目減りしてゆく資産と100年に一度の大不況の為、減り続けてゆく収入の中で、上昇する光熱費を支払っていかなければなりません。だれもが自分の生活を自衛する必要が出てきたわけです。確かに今は不満がないかもしれません。しかし、将来「危機!」に気付いた時には手遅れになってしまいます。 そのとき貴方様は、電気に支えられた快適な生活を手放せますか? 実は、太陽光発電システムの素晴らしい所は、環境に優しく・原子力発電などに頼らない自然エネルギーといった点だけではありません。 それが『経済のメリット』です。つまり…

電気代の支出総額と太陽光発電システム導入の費用を比べると・・・

実は、太陽光発電システムの素晴らしい所は、環境に優しく・原子力発電などに頼らない自然エネルギーといった点だけではありません。 それが『経済のメリット』です。つまり…

どちらにしろ この先支払っていく電気代の支出総額に比べると 今、太陽光発電システムを導入したほうが安い!

ということなのです。(可能性が極めて高い)早い時期に設置された方は「地球の環境に良いなら…設置費用が多少高くても我慢する!」という方が多く、詳細に経済効果を調べる方が少なかったのです。そのために、初めのうちは、その効果が知られることが殆んどありませんでした。しかし近年、設置される方の理由が変わってきています。近頃は設置された方の発電データが数多く集まってきた事で、現実的に太陽光発電システムには、大きな経済メリットがあることが皆に知られる様になってきました。そのために、現在は経済メリットに着目して設置されている方が多くなってきています。そして現在の経済効果は、「10年経たなくても、電気代を払い続けるより太陽光発電を設置した方がお得!」になっています。

太陽光発電を設置された方の声

設置以来、電気代ゼロ。逆に売っているほうが多いですよ。」(保原町・斎藤様) 「年間12万円の電気代減、樋口さんの言っていた事は本当だった。」(町庭坂・安斎様) 「3年前に、カノウヤさんで倉庫に4.32Kwの太陽光発電を設置してもらいました。今回、住宅を新築するにあたって、新しい太陽光発電システムと一緒に住宅工事もお願いしました。」(上保原、遠藤様) 「土地付の建売住宅を3,000万円で購入しました。これからのランニングコストを計算して、300万円かけて太陽光発電とオール電化リフォームしました。」(仙台市、S様)

ここで2007年に太陽光発電とオール電化の工事をさせていただいた大和町のT様の例を紹介します。

太陽光発電 + オール電化

T様邸の1ヶ月使用光熱費:22,133円 (電気代:7,797円 ガス代(調理・給湯):14,336円) 京セラ:3.78Kw + オール電化(エコキュート・HI・食洗器) 導入費用:3,325,000円 節電の取り組み:大きくしている ■ 光熱費(電気とガス)の支払いを続けていた場合… 光熱費 1ヵ月 22,133円 ⇒ 1年間の光熱費 265,596円 10年間の光熱費の合計 : 265,596円×10年×毎年3%増 = 304万円 ■ 太陽光発電システム・オール電化導入による支出合計…買電 6,617円・売電 7,117円 光熱費 1ヵ月 ‐510円の収入 ⇒ 1年間の光熱費 ‐6,012円の収入 設置費用と10年間の光熱費の合計  3,325,000円 ‐ 60,120円 = 326万円

 この様に、10年だけで考えたとしても、22万円位の出費であれば地球環境に貢献するためにも設置してみよう!と、T様は考えられました。しかし現在、国による補助金制度(7万円/Kw)が復活し、また2010年度までには電力会社による買取り価格が2倍になる発表がありました。この条件で先程のT様邸の導入コストを再計算してみますね。

太陽光発電 + オール電化

■ 今のまま光熱費(電気とガス)を払いを続けた場合の10年間の合計 光熱費 1ヵ月 22,133円 ⇒ 一年間の光熱費 265,596円 10年間の光熱費の合計 : 265,596円×10年×毎年3%増 = 304万円 ■ 太陽光発電システム・オール電化にした場合の光熱費(補助金と売電が2倍とする) 買電:6,617円 売電:7,117円×2倍になるとして=14,234円 補助金:3.78Kw×7万円=264,600円 光熱費 1ヵ月 : 6,617円-14,234円=7,617円の収入 1年間の光熱費:91,404円の収入 設置費用と10年間の光熱費の合計  3,325,000円 ‐ 264,600円(補助金) ‐ 914,040円(売電収入)  =  214万円

どうでしょうか?たった10年間だけで、90万円以上もお得になる計算になります。  上記のT様のお宅ですと、ご家族で話し合いをされ、こまめに電気を消すなどと工夫されていた事と、天気の関係で、当初シミュレーションした発電量よりもかなり多くの発電があった事で、大きな経済効果が出ています。  電気代は生活していく限り支払いが続いていきます。

今のままの光熱費を払い続けると、田村様のお宅では、太陽光発電をつけた場合と比べ、電気代を数十万円も余計に支払いし過ぎる事になりかねません。  ただ、いくら太陽光発電システムの方が電力会社への支払総額より経済的!と聞かされても、まだ貴方様は信じられないでしょう。  実は、私の実家でも2001年に設置したのですが、最初は信じていませんでした(笑)。

支出が減る二つの理由

こんなに支出が減るのには理由がふたつあるのです。  それは、単純に太陽光で発電した分の電気代が減るだけではなく、設置されたことによる節電の意識(売電収入の楽しさ)が芽生えて、使う分の電気代がさらに減るという好循環の結果が支出減につながるという点がひとつ。  もうひとつは、太陽光発電を導入する際に、調理と給湯のエネルギーを見直す事です。

その方法が、『オール電化』です。

オール電化をお勧めする際に、私が皆さんに質問する事があります。  「ガス代をいくらお使いですか?」この質問にはもちろん皆さん、すぐに答えてもらえます。調理のみにプロパンガスをお使いの方で大体、3,000円から5,000円くらいでしょうか。  しかし、「では、その中で、ガスを使っても使わなくてもかかっている基本料金はいくらか御存知ですか?」の問いには、殆どの方は答をご存知ありません。  契約されているガス会社さんによって異なりますが、私が住んでいる福島県北地方では、プロパンガスですと大体1,800円くらいが相場です。  ということは、ガス代3,000円のお使いの方は、6割の金額が基本料金として掛かっていて、実際使ったガス料金はその中の1,200円分だけと言う事が分かってもらえます。

そこで登場するのが、IHクッキングヒーターです。 IHは、インダクションヒーターの略で、誘導電流を使って、乗せたなべの底を加熱します。熱量が大きいために、短時間で料理が済みますし、てんぷらを揚げる際には、センサーで油の温度を調べながら熱量を調整しますので、私のような素人でも、てんぷらをカラッとあげることが出来ます。

しかも、エネルギーのコストで調べますと、実際に使用するガスとほぼ同じ。と言うことは、調理器具をガスコンロからIHクッキングヒーターに変えることで、基本料金として払っていた、毎月の1,800円が掛からなくなります。  そうしますと、仮に新型のIHクッキングヒーターを20万円で導入するケースを考えます。 太陽光発電と一緒に設置することで、各信販会社で設定している特別金利が安く15年にわたって使える「ソーラーローン」があります。 このローンで20万円のIHを設置するための毎月の価格が約1,450円になりますので、基本料金分を十分にまかなえることが分かります。さらに、ガスレンジの消し忘れによる火事の危険や、不完全燃焼による一酸化炭素中毒事故の心配もなくなります。

そしてもうひとつが、エコキュートです。 最近は、TVのコマーシャルで広告が流れたり、ナイター中継のバックネットの広告スペースに看板をあげたりしていますので、名前を聞いた事がある方も多いと思います。  この給湯器は、大気の熱を取り込んでお湯を沸かしますので、とても効率が高いのです。自転車の空気入れを使うとポンプの部分が熱くなることを思い出していただければ、分かり易いかもしれませんね。

実際に5人ご家族が1ヵ月にお使いになるお湯を作るコストが、1,000円〜1,200円で済んでしまいます。 その上、ガスや灯油と違いまして水を急激に沸かさないので、お湯がとてもまろやかになります。その為、ガスや灯油でわかしたお風呂に入ったときに感じるピリピリ感が無いことも、エコキュートの特徴になっています。 それから、太陽光発電をつけることで、そのお宅が発電所になりますから、周囲のお宅が光熱費の単価上昇の影響を大幅に受けても、少なくなった使用分の電気代だけの影響で済みます。経費節減に厳しい企業が何千万円もかかる自家発電設備を「費用をかけても、それ以上に支出が減らせる!」と導入するのと同じです。  ただし、これからの経済効果額は断言できません。条件次第で大きく変わるからです。

電気代を減らす方法って…他にありますか?

でも、電気代を減らす方法って…他にありますか?省エネや節電って、なかなか続かず三日坊主に終わるものですよね。それに、ご家族の中で気にせず電気を消費される方はいませんか?(実は、私も太陽光発電を導入するまでは、気にしないで使っていました(笑)。)夏の猛暑でエアコンをガマンして節電するより、太陽光発電を設置するほうが、よほどラクな暮らし方だと思いませんか。

ちなみに、よく調べるとわかる事ですが、 余った電気を売る単価が通常の買電単価より24.9%増になるという、太陽光発電システム設置宅にとって 非常に有利な電力契約方法があります。この方法がオール電化と組み合わせる際にメリットが 大きい、時間帯別電灯契約です。これもまたもったいない事に、殆どの方がご存知ないのです。 その上、初めにも申し上げました様に、この単価がさらに2倍になるのです。 このあたりまでご説明しますと、「もう分かった。でも、あと何年かすればきっと、もっと安くなって、もっと性能が上がっていくんじゃない?」と言う、疑問が出てくると思います。 確かに、液晶テレビでもパソコンでも、出来たときの価格が数年で何割も下がっていくのが一般的ですね。しかし、次の表をご覧ください。

2000年からシステムの価格は、殆んど下げとまりになっています。また、一部のメーカーではシリコン不足のため、価格が上昇し始めています。  何でもそうですが、これからは正しい情報を正しく理解している人が得をする時代だと思います。  私は何も、メリットのない贅沢品をおすすめしているわけではありません。この先何年か分の電気代を『太陽光発電システムへ変更』された場合の資産活用のご紹介です。お金というのは、生活に生かしてこそ価値が出てくるものと思います。 ここで『太陽光発電システムの導入メリット』をまとめてみます。

私の使命

太陽光発電システムの導入メリット 1, 電気代の支出総額を安くする効果があります。(可能性大) 2, 国の補助金をもらう事が出来ます。 (国補助金は2005年で一旦終了になりましたが、2008年から再開され、 今設置された方には、7万円/kw(平均出力3kWで21万円)の補助金がもらえます。) 3, 毎月の売電収入、毎日の発電量チェックなどの楽しみがあります。 4, 地球温暖化防止京都会議でのCO2マイナス6%削減を個人で達成できます。 5, 原発や火力発電にたよらない生活ができます。(災害時の非常用電源にも) 6, オール電化機器を併せることで、ガス器具による事故の心配がなくなります。 7, 心が豊かになり、充実感のある生活がおくれます。(お子さん、お孫さんのためにも) 8, 将来の生活に備え、エネルギーの自給自足を実現できます。 (先見性のある方には最適の設備) 9, 環境共生先駆者としてのステータスが得られます。

最近、設置されるお宅が増えるたびに強く思うことがあります。それは、私の使命です。太陽光発電システムを通じて、皆さまの環境貢献活動と資産保全のお手伝いをさせて頂き、クリーンな自家発電生活の 感動をお伝えすることです。

貴方も一戸建住宅を建てられた時、それは人生の中で大きな『夢』が叶った瞬間だったでしょう  しかし昨今は、モノは溢れても心が満足するということが減っているように思います。しかし、太陽光発電システムを設置された方たちは充実感を感じていただいています。

太陽光発電を設置された方の声2「家族共通の話題ができ、一家だんらんの時間が増えた。」(保原町・T様) 「自然のエネルギーで生活ができるので、気分爽快!」(福島市・K様) 「発電量を毎日チェックする、楽しい日課が増えました。」(郡山市・O様) 「収入が減る年金生活を考えて設備投資したが、大正解!」(福島市・S様) 「これから先の電気代は上がることがあっても、下がることは考えにくい。どうせ出ていくお金なら、  太陽光発電に一括前払いした方が良い。」(鮫川村・S様)

私共は、これまで皆様にご満足いただける事を第一に考えて、130件以上のお宅への、太陽光発電システム導入のお手伝いをしてきました。  これまでご設置いただいたお客様が当社をお選びいただいた理由としては…

当社をお選びいただいた理由・ 飛び込みの押しかけ営業を一切しない(ご紹介が多いので当社だけかも…)。 ・ この資料のように、先に情報(データ)を知っていただく方法が気に入った。 ・ 調査を依頼しても、後で説得やお願い営業をしない。 ・ 検討した結果「今回はパスする」と諦めた場合でも、「いつかまたのご縁を!」と  爽やかに身を引くのが気に入って、最終的に契約した。 ・ メーカー直の1次代理店として、できるだけ低価格で提供している。 ・ ほとんどの太陽光発電メーカーのシステムを取り扱っていて、初めから相見積もりを作ってくれるので、  何社も調べる面倒がなかった。 ・ 営業だけではなく、実際の工事も自社でやっているので安心した。 ・ 初年度の予想発電量に保障をつけている事。万が一下回った場合は、 差額分を商品券でプレゼントする  という点が、他ではないサービスだった。 ・ 屋根工事専門店としての実績・経験があるので、雨漏り等の心配がないと思った。

といった点をご支持いただけたのだと思っています(お客様の中には教員の方や議員経験者、産業廃棄物の会社のオーナーさんも多数おられます。また、30代前半で家を建てられた方からも申し込みをいただいております)。  今この瞬間も『太陽光発電で新しい楽しい生活!』をスタートされるお宅が全国におられます。  あなたのお宅に『太陽光発電システム』を設置された暮らしを想像してみてください…  屋根を見上げれば、青く光る太陽電池が、あなたの環境貢献のシンボルになります。  晴れた日には「太陽の自然エネルギーでテレビを見てるんだ〜」「エアコンや照明もこのクリーンな自家製電気で動いてるのか〜」とお日様のありがたみを日々実感。きっとあなたもこの新鮮な生活に感動されるはずです。  最後になりましたが、今回お送りした資料では、残念ながら、一番気になる、あなたのお宅での価格や発電量、経済メリットがわかりません。それはあなただけでなく、私にもわかりません。

貴方のお宅の設置費用、発電量、経済メリットを知るには?

設置費用やメリットをお知りになるのはとてもカンタンです。

発電量シミュレーション コチラをクリックして「太陽光発電シミュレーション見積条件チェックシート」をプリントアウトし、必要事項をご記入ください。あわせて設計図面を御用意のうえ郵送・FAXして頂くか、または電話を頂ければ、連絡をして直接お話を聞きにお伺いする事も出来ます。もちろん提案書作成は無料です。シミュレーションの結果を見て、「これはメリットがある」と思われなければ、ご遠慮なくお断りください。もちろん、田村様に設置の義務や負担はありません。その後のしつこい営業は一切していません。

このシミュレーションは、メーカーの企業秘密でもある長年の開発データを元に、あなたのお宅での発電量や節約額などの設置効果を予測するリアルな提案書です。

調査ご依頼の方へお願い ※ ご依頼はTELやFAXだと早いです。 ※ ご設置になられるお客様フォローのスケジュール上、毎月10件ぐらいが限界となりますので、ご予約はお早めに願います。

さて、今年になって補助金が再開されて太陽光発電システムを設置される方の件数が大幅に延びています。(当社では、2・3月だけの契約数が昨年一年間よりも増えています。) 消費低迷の中、なぜこれだけ太陽光発電を設置される方が増えているのか?  私は環境貢献だけでなく、経済メリットや将来生活の危機に備えられる事(備えあれば憂い なし)などを思い浮かべるのですが、あなたはなぜだと思われますか? 今月も電気代があなたの口座から引き落とされます。これからの電気代の支払い総額は、おそらく数百万円以上になります。 まだ間に合います。今の段階であなたの電力環境を見直す事で、 数百万円の支出を減らせる可能性があります。せっかく他の多くの方より一足早く、先見の明で資料のご請求をいただきました。

この機会に是非、あなたの家の電気代がいくら減るのか?国からいくらの補助金が もらえるのか?東北電力にいくら電気を売ることができるのか知ってみてはいかがでしょうか。  また、あわせて、現在重大な危機に瀕している地球環境を、私たちと力を合わせて守って行きましょう。 では、あなたからの連絡をお待ちしています。

P.S. 訪問業者から見積を取って、すぐに返事を迫られている場合は今すぐTEL下さい(024-575-2308)。その価格が適切か、言っている発電量が正しいのかをすぐにお答えいたします。 P.S.2 あるお客様からは「建てたばかりの一戸建てで、ローンもしんどいけど、光熱費を見直すのは最初が肝心。今よりお金がかかる時代になった時に支出が少ない方がいい。これも将来に備えての設備投資だと思って、今回太陽光発電を設置しました。」と言っていただいております。